浮気

離婚調停はスムーズに行ないましょう|離婚問題はプロに依頼

払い過ぎた利息を取り戻す

お札

法律の専門家が味方に

都道府県別の貯蓄高ランキングを見ると、千葉県は全国平均を上回る15位に位置しています。首都圏は全般に所得の高い人が多いとあって、千葉県も経済的には比較的恵まれている面が窺えます。しかしながら千葉エリアに住む人たちでも、諸般の事情によって時には借金をしなければならないこともあります。県内には消費者金融などの店舗も数多いため、誰でも気軽にキャッシングできる点はメリットです。その反面、返済に関わるトラブルも少なくありません。貸金業に対する法律に利息制限法というのがあります。法定金利の上限は、借りた金額が10万円未満の場合で年率20%、10万円以上100万円未満が18%、100万円以上が15%です。この年率を超えて支払われた利息金は過払い金と呼ばれ、本来払う必要のないお金です。そのため利用者は貸金業者に対して過払い金の返還請求をする権利があります。この事実が広く周知された結果、全国で過払い金の訴訟が相次いでいます。自分で訴訟を起こすことも不可能ではありませんが、裁判を勝ち抜くためには法律に関する専門知識が必要です。法律の専門家の司法書士を味方につけることで、返還成功の可能性も高くなります。

まずは相談から

過払い金の返還請求を得意とする司法書士は千葉エリア内にも多くいます。ひょっとしたら自分も利息を払いすぎているのではないかと思う人は、できるだけ早く司法書士に相談することが大切です。過去に完済済みのケースであれば、借金完済から10年が経過した時点で時効が成立してしまいます。その場合は返還請求ができません。消費者金融の中には、過去に計画倒産が疑われる悪質な事例もありました。実際に経営が悪化して倒産した貸金業者に対しては、時効が成立していなくても返還請求ができなくなります。そのため少しでも早く事を起こした方が得策なのです。司法書士は過払い金の返還裁判を数多く手がけており、豊富な判例と経験を基に迅速な手続きを実行してくれます。複数の貸金業者からの借り入れを整理し、重い利息額を減らすことも可能です。その上で過払い金が返還されれば言うことはありません。さまざまな事情で悩んでいる人は一度司法書士の事務所に相談してみるといいでしょう。良い司法書士と出会うことができれば、長年にわたる借金の悩みも解決への道筋が見えてくるはずです。何事もまずは相談から始まるのです。

Copyright© 2016 離婚調停はスムーズに行ないましょう|離婚問題はプロに依頼 All Rights Reserved.